• ¥150

発行者による作品情報

2013年、子宮頸がんワクチンはわが国の定期接種となった。ところが、ワクチンを接種した少女たちの一部から、けいれんする、歩けない、勉強ができなくなった、などの訴えがあった。その結果、接種は事実上の停止状態となり、国とワクチン製造会社を相手取った集団提訴が始まっている。しかし、少女たちの症状とワクチンの因果関係が科学的に証明された例はない。それどころか、因果関係がないことを示す名古屋市の調査結果は伏せられ、ある厚労省研究班の発表は世論をミスリードした――。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2017
1月19日
言語
JA
日本語
ページ数
43
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
636.9
KB

カスタマーレビュー

ダッソー

頑張れ!

真理を科学的に追求する筆者の努力に感動いたしました。デマを撒き散らすニセ医者を許してはいけません。彼らは数千人の日本人を毎年殺している殺人鬼と同等の罪を犯しています。このまま放置してはいけません。

村中璃子の他のブック