• ¥770

発行者による作品情報

葬式饅頭を御飯にのせ、煎茶をかけて美味しそうに食べた父・鴎外のこと、ものの言い方が切り口上でぶっきら棒、誤解されやすかった凄い美人の母のこと、カルチャー・ショックを受けたパリでの生活、〈しんかき〉〈他所ゆき〉〈足弱伴れ〉などなつかしい言葉と共にあった日常のこと――。記憶の底にある様々な風景を輝くばかりの感性と素直な心でえがき出した滋味あふれる随筆集であり、いつの時代でも古びることのない本物の「洒落っ気」「哀しみ」「悦び」を味わえる一冊。

ジャンル
小説/文学
発売日
1992
February 24
言語
JA
日本語
ページ数
223
ページ
発行者
筑摩書房
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
780.9
KB

森茉莉の他のブック