• ¥500

発行者による作品情報

今のお客様は豊か。売る側(企業、お店)より経験や知識が豊富。ですからお客様と認識を交歓してください。おしゃべり、会話、対話で、互いの認識をシェア(分かち合う)。それがこれからのマーケティング・コミュニケーションの基本論理になります。これがこの本の内容です。今までの一方的なコミュニケーション、例えば広告やテレビ番組のワイプ、SNSのSEOなどの説得や強要は通用しない。こうした指摘も載っています。

本の構成 目次より

・とりあえずコミュニケーション論の地図

・そろり、認識の話から

・認識は交換される

・お客様、豊か

・一方的に強いると

・お客様と認識を交歓しましょう

・交歓用のコミュニケーション・ルール

・結語

本のスタイルと出だし

紙の文庫本と同じレイアウトです。縦書き。epub縦型固定レイアウトですからリフローのように文字が流れることはありません。とても読みやすい本に仕上がっています。テキストの検索や読み上げが可能です。


さて、本の出だしです。
こんな風に始まります。


はじめまして。これから本書を通じてコミュニケーションという行為を紐解いていこうと思います。コミュニケーションとは何か。どのような力を持ち、どう用いればみんなが楽しくなるか。必然、ビジネスも。そんな話を届けたいのです。

さて続きは? お楽しみください。

著者、矢嶋剛(やじまたけし)とは
マーケティング・ストーリー作家です。大学講師も。

作品ページ(公式)があります

「認識の交歓というアレ」で検索ください。

作品の雰囲気やコミュニケーションを巡る従来の議論など本に関する説明が載っています。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2020年
10月1日
言語
JA
日本語
ページ数
85
ページ
発行者
矢嶋ストーリー
販売元
Takeshi Yajima
サイズ
11.8
MB

矢嶋 剛の他のブック