転生したら断罪スタートなんて聞いてませんっ! アンソロジーコミック(2‪)‬

    • 3.8 • 13件の評価
    • ¥880
    • ¥880

発行者による作品情報

悪役令息、ヒロイン毒殺容疑、反逆罪、極悪非道の魔法使い…せっかく転生したのに記憶を思い出したのは最悪のタイミング!? 危機的状況から始まるアンソロジーシリーズ第2弾が登場!! ALLハッピーエンドの読み切りを収録です♪ ~収録作品~ カバーイラスト:紫藤むらさき 1)『毒女ですが、ヒロインを救わせていただきます』道雪葵 ヒロイン毒殺疑惑で投獄!? 処刑ENDを回避するためには…! 2)『自分でつくったクソゲーの悪役令息に転生したので今度こそ責任を取ります』小木カンヌ 悪役令息に転生!? しかもそこは自分でつくったゲームの世界だった…! 3)『エンゲージ・ジェム~悪役令嬢の婚約相手は魔王様!?~』霰屋 前世で遊んでいた乙女ゲームの世界に転生!? 断罪イベント中に逃亡するが…! 4)『鈴木くんは思い出したい』ヤマガタアツカ 気がつくと悪い魔法使いに転生!? そして嫁になるはずの王女様はなぜか幼女で…!

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2021年
12月27日
言語
JA
日本語
ページ数
137
ページ
発行者
一迅社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
85.3
MB

カスタマーレビュー

せぶかくこ

悪役令嬢成分50%

4話入っていますが、2話は悪役令嬢ものではなく、男が主人公の「なんかちゃう...」話です。アンソロといえど、悪役令嬢モノが詰まっている(と勝手に勘違いしたのは私ですが...)人にとってはとってもモヤモヤします。他のところで読んだら別に気にならないのですが、この本に求めていたのは悪役令嬢の断罪スタート物語だったので、うーん...。この値段であと4話だけは、ちょっと薄いかなぁという感じです。ちゃんと悪役令嬢モノが詰まったものが読みたい、それを売りにしているなら、という気持ちです。

紫藤むらさき, 道雪葵, 小木カンヌ, 霰屋 & ヤマガタアツカの他のブック

2021年
2019年
2019年
2022年
2022年
2021年

このシリーズの他のブック