• ¥850

発行者による作品情報

中国とは何か。その原理を理解するための鍵は、近代史に隠されている。この時代に、「幇」とよばれる中国団体をはじめ、貨弊システム・財政制度・市場秩序など、中国固有の構造がつくられたからだ。本書は経済史の視座から一六世紀以降の中国を俯瞰し、その見取り図を明快に描く。かつて世界に先んじた中華帝国は、なぜ近代化に遅れたのか。現代中国の矛盾はどこに由来するのか。グローバル経済の奔流が渦巻きはじめた時代から、激動の歴史を構造的にとらえなおす。

ジャンル
歴史
発売日
2013
7月8日
言語
JA
日本語
ページ数
206
ページ
発行者
筑摩書房
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
7.5
MB

岡本隆司の他のブック