銀河鉄道999(3‪)‬

    • 4.3 • 7件の評価
    • ¥700
    • ¥700

発行者による作品情報

▼第1話/ヤミヤミの姉妹▼第2話/重力の底の墓場▼第3話/装甲惑星(アーマープラネット)▼第4話/泥のメーテル▼第5話/螢の街▼第6話/海賊船クィーン・エメラルダス ●主な登場人物/星野鉄郎(機械の体を手に入れるためにアンドロメダを目指す少年)、メーテル(鉄郎とともに“999”で旅をする謎の女性) ●あらすじ/銀河鉄道999は、真っ暗な星・ヤミヤミに到着した。ヤミヤミは、まったく光がないばかりか、光を放ってもすぐに吸収されてしまうため何も見えない、文字どおり“ヤミ”の星。そのため、鉄郎は“999”の中でひとり発車時刻を待つことにしたのだが、列車の外から何者かが鉄郎を呼んでいる。恐る恐る鉄郎は、誘われるがままに姿の見えないその者の後をついていくのだが…(第1話)。▼スピードを上げ、宇宙空間を快調に疾走する“999”。しかしその“999”の空間レール上に非常事態が発生。そのレールを2日前に走っていた列車がこつ然と姿を消してしまったのだ。そのため、“999”も細心の注意を払って走行するのだが、突然正体不明の重力に引っ張られ、とうとう脱線してしまった!(第2話) ●その他のデータ/まったく光のない星・ヤミヤミ(第1話)、重力の底の星(第2話)、装甲版に覆われた生物の星・装甲惑星(第3話)、惑星・雨の都(第4話)、真理子の螢(第5話)、海賊惑星・ジュエル(第6話)

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
1997年
5月30日
言語
JA
日本語
ページ数
248
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
51.5
MB

松本零士の他のブック

1997年
1977年
1997年
1997年
1997年
1997年

カスタマーはこんな商品も購入

1979年
2006年
2009年
1976年
1976年
1975年

このシリーズの他のブック

1997年
1997年
1997年
1997年
1997年
1997年