• ¥540

発行者による作品情報

うだるような猛暑の七月十五日午後三時、あさがお銀行中野支店で惨劇は起こった。閉店寸前の行内に押し入った男が、男性客と案内係を次々に射殺。人質にとった行員と客を全裸にし、籠城した。何ら具体的な要求をせず、阿鼻叫喚の行内で残虐な行為を繰り返す男。その真の目的とは何なのか? 現代社会の歪みを描ききったクライムノベルの最高傑作!

ジャンル
小説/文学
発売日
2012
12月19日
言語
JA
日本語
ページ数
192
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
1.3
MB

カスタマーレビュー

かめ蔵

結構楽しめた

時間が空いたから、暇つぶしのつもりが、入り込んでしまった

新堂冬樹の他のブック