発行者による作品情報

この作品の作家は、薄田泣菫(すすきだきゅうきん、1877年(明治10年)5月19日-1945年(昭和20年)10月9日)は、日本の詩人・随筆家。『雨の日に香を燻く』は底本の「太陽は草の香がする」では「文芸批評」としてまとめられている。初出は1926(昭和元)年9月。

ジャンル
小説/文学
発売日
2013
2月1日
言語
JA
日本語
ページ数
4
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
11.1
KB

薄田泣菫の他のブック