• ¥490

発行者による作品情報

東宮妃である桜姫と兄の吹雪王は、許されぬ恋のためにある夜、御所に火を放ち、姿を消した。同じ頃、二人の生家・鴉家でも思いもかけない謀がささやかれていた。母・常磐の振る舞いは、帝をも巻き込んで、名門鴉家の土台を揺るがすことに……。一方、追っ手をかわしつつ東へと逃げる二人の前には、桜姫の<笛鳴り>と吹雪王の<御児方>の力をもってしても、いつしか暗い影がさしはじめた。※あとがきは収録されていません。

ジャンル
小説/文学
発売日
1996
9月8日
言語
JA
日本語
ページ数
288
ページ
発行者
集英社/集英社コバルト文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
6.3
MB

響野夏菜 & 沖麻実也の他のブック

このシリーズの他のブック