• ¥490

発行者による作品情報

帝につながる名家、鴉家に生まれた吹雪王と桜姫は、父母を同じくする兄妹でありながら密かに愛し合っていた。それは当然のことながら禁忌とされていた。桜姫はやがて東宮妃として入内、吹雪王は出家する。二人の運命はこのときから妨げられ、鴉家の運命も変わっていく。入内後も東宮を拒みつづける桜姫の周辺には、たびたび不審な鬼が出没し、ついにある夜、東宮御所は炎に包まれた……。※あとがきは収録されていません。

ジャンル
小説/文学
発売日
1996
3月6日
言語
JA
日本語
ページ数
272
ページ
発行者
集英社/集英社コバルト文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
5.7
MB

響野夏菜 & 沖麻実也の他のブック

このシリーズの他のブック