【電子特別版】みちづれの猫 【電子特別版】みちづれの猫

【電子特別版】みちづれの‪猫‬

    • ¥650
    • ¥650

発行者による作品情報

帰省するのはいつぶりだろう。大学進学を機に上京して十四年、忙しさにかまけて実家から足が遠のいていた私は、新幹線で金沢に向かっていた。まもなく旅立つであろうミャアを見送るために(「ミャアの通り道」)。離婚以来、自暴自棄の生活を送っていた女性の家のベランダに現れた茶トラが、生活を思わぬ方向へ変えてゆき……(「運河沿いの使わしめ」)――肉親を亡くした時、家庭のある男を愛した時、離婚して傷ついた時…… ふり返れば、いつもかたわらに猫がいた。人生の様々な場面で猫に救われてきた女性たちの心洗われる七つの物語。「犬を亡くした私を救ってくれたのは猫でした」――著者インタビューも収録!

ジャンル
小説/文学
発売日
2022年
8月19日
言語
JA
日本語
ページ数
248
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
613
KB

唯川恵の他のブック

燃えつきるまで 燃えつきるまで
2005年
息がとまるほど 息がとまるほど
2009年
肩ごしの恋人 肩ごしの恋人
2004年
プラチナ・リング/LOVERS プラチナ・リング/LOVERS
2003年
男と女―恋愛の落とし前―(新潮新書) 無料お試し版 男と女―恋愛の落とし前―(新潮新書) 無料お試し版
2023年
セシルのもくろみ セシルのもくろみ
2013年