面倒くさい日も、おいしく食べたい! 仕事のあとの、パパッとごは‪ん‬

    • 4.0 • 1件の評価
    • ¥1,600
    • ¥1,600

発行者による作品情報

『暮らしのおへそ』編集ディレクターを務める一田憲子(いちだのりこ)さんは、料理上手でも知られています。一田さんのうちで出されるおいしい品々は、「どうやって作ったの?」と、思わず作り方を聞きたくなるものばかり。

それでも、ご本人は「毎日ご飯を作るのは面倒くさい」と言うのです。

そこで! 本書では、そんな一田さんが、おいしく食べるためのごはんの秘密を余すところなく公開します。

取材で全国を飛び回り、慌ただしい日々を送る一田さん。仕事を終えて家に戻ってから、ささっとごはんを作って食べる暮らし。忙しい中でも、家でごはんを作って食べる理由は明快です。
それは、「そのほうがおいしいから!」。

毎日ごはん作りを続けるためには工夫が必要です。作業を合理的に組み立てることも大事です。面倒くささを少しでもエンジンに変える魔法も使わなくてはいけないかもしれません。そして台所に立ったら、あれこれ迷っている暇はありません。
ただ、食べたときに「ウマい!」と声が出るような最高の一品にしたい。その思いはいつもあります。

そんな一田さん流料理の知恵と工夫が結集した一冊。
時短でおいしい81品の作り方も収録。
参考にしたいアイデアがいっぱいです。

ジャンル
料理/酒
発売日
2018年
11月20日
言語
JA
日本語
ページ数
192
ページ
発行者
SBクリエイティブ
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
42
MB

一田憲子の他のブック

2018年
2019年
2021年
2021年
2020年
2021年