• ¥1,000

発行者による作品情報

■名作を読んで論理力を鍛える全101問

「頭がいい」とは、高度な論理力(言語処理能力)を持った人です。
先天的に高い論理力をもっている人がいることは確かですが、
じつは論理力は訓練によって飛躍的に高めることができるのです。
そして本書はそのためのドリル。
題材としている文学作品を読み、101のよく練られた設問に挑戦してみてください。

芥川龍之介『蜜柑』/葉山嘉樹『セメント樽の中の手紙』/
太宰治『魚服記』/夏目漱石『夢十夜』

本書によって論理力が身につくことはもちろん、
文学の正確な読み方が分かり、そのおもしろさを十分に味わうこともできます。

【本書で身につくこと】
・文章を正確にとらえられる。
・相手の話を瞬時に理解できる。
・物事の本質をつかむ思考能力が身につく。
・巧みな文章が書けるようになる。

■目次

第一部 日常の中で論理力を磨く *論理エンジンの6つのルール
第二部 『蜜柑』芥川龍之介 *SCENE 1_12
第三部 『セメント樽の中の手紙』葉山嘉樹 *SCENE 13_21
第四部 『魚服記』太宰治 *SCENE 22_40
第五部 『夢十夜』夏目漱石 *SCENE 41_48

※本書は2006年12月に小社より刊行された『論トレ』を改題および加筆・再編集したものです。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2016年
9月16日
言語
JA
日本語
ページ数
44
ページ
発行者
フォレスト出版
販売元
Yznet Co.,Ltd.
サイズ
24.4
MB

出口汪の他のブック