風姿花‪伝‬

(花伝書)

世阿弥 その他
    • ¥580
    • ¥580

発行者による作品情報

一般に『花伝書』として知られる『風姿花伝』は,亡父観阿弥の遺訓にもとづく世阿弥(1364?―1443)最初の能芸論書で,能楽の聖典として連綿と読みつがれてきた.室町時代以後日本文学の根本精神を成していた「幽玄」「物真似」の本義を徹底的に論じている点で,堂々たる芸術表現論として今日もなお価値を失わない.※この電子書籍は「固定レイアウト型」で作成されており,タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています.また,文字だけを拡大すること,文字列のハイライト,検索,辞書の参照,引用などの機能は使用できません.

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
1958年
10月25日
言語
JA
日本語
ページ数
127
ページ
発行者
岩波書店
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
36.8
MB

世阿弥, 野上豊一郎 & 西尾実の他のブック

2005年
2009年
2015年
2019年
1972年