• ¥500

発行者による作品情報

辺境の村ツェペシュの外れには、特殊な防衛機構が働いて村人の立ち入りを拒む奇怪な丘がある。その頂には、かつて“貴族”の居城があり、今もなお、膨大な機械装置群が残されている。だが、そこで貴族が何を実験していたか、十年前に城跡で行方不明になった子供がどういう運命を辿ったか、すべては謎のままだ。そして今、村は陽光の下を徘徊する吸血鬼の出現に怯えていた。

ジャンル
小説/文学
発売日
2007年
10月1日
言語
JA
日本語
ページ数
256
ページ
発行者
朝日新聞出版
販売元
Asahi Shimbun Publications Inc.
サイズ
3.1
MB

菊地秀行の他のブック

2013年
2021年
2013年
2013年
2014年
2007年

このシリーズの他のブック

2007年
2007年
2007年
2007年
2007年
2007年