発行者による作品情報

もうよほど以前のこと、私はウィリアム・ルグラン君という人と親しくしていた。彼は古いユグノー(2)の一家の子孫で、かつては富裕であったが、うちつづく不運のためすっかり貧窮に陥っていた。その災難に伴う屈辱を避けるために、彼は先祖の代から住み慣れたニュー・オーリアンズ(3)の町を去って、南カロライナ州のチャールストンに近いサリヴァン島に住むことになった。

ジャンル
小説/文学
発売日
1955年
8月16日
言語
JA
日本語
ページ数
68
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
50.3
KB

カスタマーレビュー

'U'MA

大発見を成し遂げたい人へのガイドブック

アランポーの代表作の中では最もポップな作品に違いない。
推理小説ファンはもちろん、普通の読者をも大いに惹きつける魅力がある。

ボケ老人によるお宝の大発見というトンデモ事態を先に置いて、後半はその説明に充てるという構成もまた、読者をグイグイ惹きつける要因だ。

そのボケぶりを前半に強調するのは、読者への心理的なミスリードとして上手く機能している。

何かの大発見には偶然以上のさまざまな要因がある、というのがこの小説のテーマに思える。

この話では、最初は炙り文字に見られるよう、偶然の連鎖・シンクロニシティである。
次に暗号解読をもたらした徹底的に合理的なアプローチ。
謎が残ったら今度は行動力を発揮。足と耳で真相に近づく。

そして決め手は確信に基づく執着心である。
一度掘り返してダメでも、すぐに間違いに気づきやり直す。そしてお宝発見になる。
これが出来たのは、それまでのリサーチがしっかりしていて、多くの点でその掘り返す場所に条件が合致していたからである。

『黄金虫』は一級の推理小説であるばかりか、大発見をなし得たい人への知的ガイドブックでもある。
そして大発見だけでなく、真相を導き出す思考術、方法論としてもお手本になる小説である。

エドガー・アラン・ポー & 佐々木直次郎の他のブック