• ¥1,000

発行者による作品情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

40歳前後からホルモンの低下の影響も受け、女性の体は変わってきます。
それに伴い、性生活に対する意識も、実際の体の機能も変化を感じる人が出てきます。
セックスレス、性欲の低下、逆に恋をしたくなる感情など、
若いころと違うこの世代の性への意識や実態は、意外に知られていません。
そこで、本誌では40~60代の男女400名にアンケート調査を実施。
実際の性や愛についての意識や、実態、また、疑問を聞きました。
他人と比べて自分や自分たちカップルの性生活の有り方はどうなのか、という興味もあるが、
この世代についてのものはあまりよくわかっていないうえ、恥ずかしくて人にもなかなか聞きにくい。
本書は、医学的な体の機能の変化や、アンケートを通して集まった40代以降の男女の
性生活にまつわる意識調査の結果を紹介するとともに、寄せられた疑問について、
医師や心理の専門家、実際に相談を受けているカウンセラー、実際に悩みを乗り越えた
先輩への取材などを基に、112の疑問に答えます。

ジャンル
健康/心と体
発売日
2015
3月2日
言語
JA
日本語
ページ数
100
ページ
発行者
日経BP
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
128
MB

日経ヘルス編集部の他のブック

このシリーズの他のブック