BASARA (20‪)‬

    • 3.3 • 4件の評価
    • ¥490
    • ¥490

発行者による作品情報

朱里は今、黒の有志軍の先陣をきり民衆の側に立っている。国王に敵対してはいる朱里だが、更紗(さらさ)の仲間の一部、とくに白虎の村出身の者は、更紗と赤の王である朱里の仲に激しく反発していた。そんな時、更紗たちは国王の住む京都に迫った。京都の街は今、夜間外出禁止令が出されていた。夜歩くだけで不審と見なされて斬り殺されてしまう。揚羽(アゲハ)は夜の京都で、国王側の高官たちを暗殺していった。一方、タタラ軍では、浅葱(あさぎ)が戦術的に軍師の役割を果たすようになり連戦連勝と破竹の勢いだった。だが、京都では、国王軍の最後の切り札とも言える“石榴(ざくろ)計画が密かに進行していて!?

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
1997年
2月26日
言語
JA
日本語
ページ数
189
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
49.7
MB

田村由美の他のブック

2018年
2019年
2018年
2018年
2019年
2020年

このシリーズの他のブック

1997年
1998年
1998年
1998年
1999年
1999年