• ¥700

発行者による作品情報

IUCN (国際自然保護連合) の発表によると、世界中で、絶滅の危機に瀕している野生生物は、現在16,000種を越すという。地球上のどこで、どのような生物が危機に瀕しているのかを調査し、数を特定するのは困難なことだが、開発、外来生物の持ち込み、乱獲、地球温暖化といった人間がもたらす劇的な環境変化に、多くの野生生物が死に絶えようとしているのはまぎれもない事実である。世界中で取り組んでゆくべきこの問題について、本書ではその歴史的背景、現状、そして未来への取り組みなど英語で解説しています。

ジャンル
参考図書
発売日
2011
5月1日
言語
JA
日本語
ページ数
78
ページ
発行者
IBCパブリッシング
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
16.9
MB

石井正仁の他のブック

このシリーズの他のブック