• ¥660

発行者による作品情報

『GANTZ』奥浩哉が描く圧倒的最新作!

人生に巨大な奇跡は起こるだろうか。僕たちはそれに気づくだろうか。

映画監督志望の高校生・零がある日、町で目にしたのは、大ファンである「女優」パピコを中傷する張り紙だった。深夜、家を飛び出し張り紙をはがしてまわる零に声をかけたひとりの女性。それは―――。
まだ誰も目にしたことのない、全く新しいボーイ・ミーツ・ガールが幕を開ける!!

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2018年
5月30日
言語
JA
日本語
ページ数
232
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
63.1
MB

カスタマーレビュー

tg87@

最高!!

奥哲哉さんの漫画は、現代をよく舞台として描かれている。
本の中身からして、これから起きても不思議ではない出来事が書かれている。
女優さんが登場しているが、こうした身近なファンの存在によって支えられているかもしれない。
すらすらと場面が描かれているので、学生にもおススメな本である。

アタマジラミ

面白すぎる

1巻読んだら気がついたら最後まで買ってた

ゆうじ136

ヤバいっしょ

ヤバい!面白い!
奥浩哉先生の頭の中どうなってんの?
次の展開予想できない😄

奥浩哉の他のブック

このシリーズの他のブック