• ¥1,200

発行者による作品情報

市民ランナーのカリスマ、大迫傑、初の著書――。


これは、MGCの前に、オリンピックの前に必読の書である。

大迫傑は、悩みはすべて走ることで解決してきたと言う。

走っている間は、自分自身とじっくりと向き合え、答えを見つけられるのだと。


「僕が走ってきた中で見つけたこと、出会ったこと、現在の僕を形作っているものについて振り返ってみた」のが本書の内容だ。

大迫傑の、強さも弱さもすべてがさらけだされ、そこにこの本を出すことの覚悟、これから挑むことへの覚悟を感じる。


彼が教えてくれるのは、走ることの辛さと喜び。そしてそれを経験して学ぶ”生き方”。

マラソン日本記録保持者の葛藤から生まれた思考法が1冊に詰まっている。


〈目次〉

自分の道を選ぶこと。

マラソンを走るということ。

どんな結果も受け止めること。

環境が変わっても生き残る力を持つこと。

「今」を積み重ねること。

意志を持ち続けること。

ライバルをリスペクトすること。

不安をコントロールすること。

言い訳をしないこと。

目標を立てること。

子供たちに伝えたいこと。

大人たちに伝えたいこと。


テキストのほかに、64ページにわたる写真もみどころ。オフショットも掲載。

ジャンル
スポーツ/アウトドア
発売日
2019年
8月30日
言語
JA
日本語
ページ数
192
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
40.5
MB

大迫傑の他のブック