• ¥560

発行者による作品情報

走ることについて語りつつ、小説家としてのありよう、創作の秘密、そして「彼自身」を初めて説き明かした画期的なメモワール。

ジャンル
小説/文学
発売日
2015
8月28日
言語
JA
日本語
ページ数
192
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
4.5
MB

カスタマーレビュー

ラオスに一体何があったのですか

走ること

著者がどういう人物なのか、著者の小説や旅行記などを通してある程度知っていた気もしていたが、走ることについて語る本書を通して、よりどんな人物なのか知ることができた気がする。
そしてなんだか大変共感した。自分もランナー(ただし初心者)だからかもしれないが。目に見えない大切な何かを得るためにまた明日も走ろうと思った。

村上春樹の他のブック