色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の‪年‬

    • 4.0 • 211件の評価
    • ¥780
    • ¥780

発行者による作品情報

多崎つくる、鉄道の駅をつくるのが仕事。名古屋での高校時代、四人の男女の親友と完璧な調和を成す関係を結んでいたが、大学時代のある日突然、四人から絶縁を申し渡された。

何の理由も告げられずに——。

死の淵を一時さ迷い、漂うように生きてきたつくるは、新しい年上の恋人・沙羅に促され、あの時なにが起きたのか探り始めるのだった。全米第一位にも輝いたベストセラー!

ジャンル
小説/文学
発売日
2015年
12月4日
言語
JA
日本語
ページ数
432
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
979.3
KB

カスタマーレビュー

ヌード最高

人生の孤独

村上作品には、人間が孤独といかに向き合って生きていくのか、が語られてると思う。逆に現実的で励まされる。

読書二級

なんとなく

なんとなく気になる事が幾つかあった。気になる事を残しつつ進んでいく物語によって、登場人物の人生が生々しく感じられた。小説とは、こういうものなのかなと思いました。

everdreamer

村上春樹の世界とは、………

一つの行動・思考には、沢山の説明がある。それを、丹念に紐解いでいくのが、最初においては、まどろっこしいと思ったが、段々と慣れていった。

村上春樹の他のブック

2016年
2004年
2018年
2015年
2020年
2004年

カスタマーはこんな商品も購入

2014年
2015年
2001年
2007年
2014年
2009年