ノルウェイの森 ノルウェイの森

ノルウェイの‪森‬

    • 4.1 • 289件の評価
    • ¥1,300
    • ¥1,300

発行者による作品情報

十八年という歳月が流れ去ってしまった今でも、僕はあの草原の風景をはっきりと思い出すことができる――。1969年、大学生の僕、死んだ友人の彼女だった直子、そして同じ学部の緑、それぞれの欠落と悲しみ――37歳になった僕は、機内に流れるビートルズのメロディーに18年前のあの日々を思い出し、激しく心をかき乱されていた。時代も国境も越えて読み継がれる世界的名作、ついに電子書籍に。

ジャンル
小説/文学
発売日
2018年
11月26日
言語
JA
日本語
ページ数
304
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
1.1
MB

カスタマーレビュー

東の独裁国家

もう何回読んだんだろうか。

何回読んでも発見がある、読み飛ばしてたところに気がつくんだ。
何が良いんだろうか。何も解決というか、いろんなエピソードがオープンのままなんだけど、それが良いのかな。

んやい

30年振りくらいに再読

性描写が露骨過ぎて気持ち悪い。特に最後の方は吐き気を催す程気持ち悪い。
何かの書評でも読んだが、直子と緑は対。また直子とレイコも対。
レイコの話しが全て虚構で、サイコパスでありそのため直子を追い込んだ、という解釈もありかと。
バブル期の空気と上手くマッチして、マーケティングに成功した本なのだろう。

ab_ADRER

みいってしまう

人を想うって幸せだけじゃなく葛藤とか色んな感情があるから生きるってのがどんだけ大事かわかる

村上春樹の他のブック

女のいない男たち 女のいない男たち
2016年
風の歌を聴け 風の歌を聴け
2004年
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
2015年
村上さんのところ コンプリート版 村上さんのところ コンプリート版
2015年
街とその不確かな壁 街とその不確かな壁
2023年
1973年のピンボール 1973年のピンボール
2004年

カスタマーはこんな商品も購入

限りなく透明に近いブルー 限りなく透明に近いブルー
2014年
グレート・ギャッツビー グレート・ギャッツビー
2009年
白夜行 白夜行
2002年
火花 火花
2017年
告白 告白
2010年
ナミヤ雑貨店の奇蹟 ナミヤ雑貨店の奇蹟
2014年