君は月夜に光り輝‪く‬

    • 4.5 • 287件の評価
    • ¥730
    • ¥730

発行者による作品情報

大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り…「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間がふたたび動きはじめた――。読む人みんなが涙――この圧倒的感動に、山口幸三郎、綾崎隼、loundrawも大絶賛! “今を生きる”すべての人に届けたい、最高のラブストーリー。

ジャンル
小説/文学
発売日
2017年
2月25日
言語
JA
日本語
ページ数
186
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
3.8
MB

カスタマーレビュー

甘々❤︎

感動(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

すごくいい話すぎて、読み終わったあと友達に「顔すごいことになってるよ」って言われた(笑)
でもどうしてもいい話だったから、またまた読み返したらもっと泣けて来て、この女の子とポジションを交代して、自分が発光病になって、この二人が幸せになれればいいのにって思いました。

iroha0707Miho

とても、暖かい物語です。

私は、今まで生きる事について
深く考えたことが、ありませんでした。
ですが、この物語に出会って
生きる事の大切さと愛しさを
知る事が出来ました。
今、私は主人公が作ったとされている
大切な物を、私も作る事にしました。
そして、この物語を永遠の宝物に
するようにと願いを込めて
ハンドメイドで作り、それを見た時に
命の尊さを知り、これからの日々を
大切に生きてゆきたいと思いました。
まだ、この物語を読まれていない方が
しましたら、ぜひ一度手に取って
読んでみてください。
きっと、感じ方は人それぞれですが、
感じる物はあると思います。
感想は、とても素敵で切ないけど
今の生きる事の大切さを教えてくれる
思い出の一冊となりました。
この本を書いて下さって、心から
感謝致します。

オーキス83

めちゃくちゃ良かった

ある意味王道なのかもだけど、すっごい好きな展開だった。登場人物がみんな少しずつ歪な感じが感情移入しにくかったけど、そこがまたいい。時間があっという間だった。

佐野徹夜の他のブック

2019年
2017年
2019年
2019年
2018年
2020年

カスタマーはこんな商品も購入

2018年
2017年
2013年
2017年
2017年
2019年

このシリーズの他のブック

2019年
2019年