• ¥1,500

発行者による作品情報

保守本流の政治とは──均衡と中庸を信条とする政治家が描いた、この国のかたち。

没後40年、「哲人宰相」の足跡をたどる傑作評伝。


大平正芳は何を遺したのか。

外相として成し遂げた韓国との請求権問題解決や、日中国交正常化の断行は大きな功績である。蔵相、自民党幹事長を経て首相に就任、環太平洋連帯構想を模索したが、党内抗争の果て志半ばで逝った。

日中関係の大平証言を増補し、悲運の宰相の素顔と哲学に迫り、保守政治家の神髄を問う。


解説・渡邊満子


【目次】

序章遠い記憶

第1章「楕円の哲学」──大蔵官僚

第2章政界への転身──池田内閣官房長官まで

第3章始動する大平外交──池田内閣外務大臣

第4章「戦後の総決算」──自民党筆頭副幹事長から宏池会会長へ

第5章外交の地平を追う──田中内閣外務大臣

第6章内外の危機──田中、三木内閣大蔵大臣、自民党幹事長

第7章環太平洋の秩序を求めて──首相

終章「永遠の今」

ジャンル
政治/時事
発売日
2019
10月9日
言語
JA
日本語
ページ数
320
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
8
MB

服部龍二の他のブック