• ¥950

発行者による作品情報

1981年に文庫化されて池波正太郎の“もっとも愛着のふかい”長篇小説!

以来、46刷まで重ねている池波正太郎のロングセラーが新装版に。

幕末の京都で、麗しき剣士が刃をふるう!


杉虎之助は微禄ながら旗本の嫡男。生来の病弱に加えて義母にうとまれ、そんな我が身を儚んで十三歳のとき大川に身を投げるが、謎の剣士・池本茂兵衛に助けられた。この日が波瀾の人生の第一歩だった。

密偵の女、礼子と再会した虎之助は、やがて師の願いを受け、夫婦となり――。


幕末から明治へ、数奇な運命を辿った直参の剣士の生涯を描きつつ維新史の断面を見事に剔る異色の長編小説。


※この電子書籍は1981年に文藝春秋より刊行された文庫版を、新装版として刊行したものを底本としています。

ジャンル
小説/文学
発売日
2019
December 5
言語
JA
日本語
ページ数
416
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
1.1
MB

池波正太郎の他のブック

このシリーズの他のブック