• ¥1,400

発行者による作品情報

「インパール」シリーズ、迫力の分厚さで完結。

無謀な構想、拙劣な用兵、責任転嫁――インパールの愚行を繰り返してはならない。


本書はインパール作戦の悲惨と愚劣を記録するシリーズの完結編となる。戦車支隊の最期を描く「全滅」と「祭師団」の悲劇を描く「憤死」が一冊に。

戦記文学の名著、待望の新装版。


※この電子書籍は「全滅」「憤死」2冊の文庫を1冊にまとめた新装版の文庫を底本としています。

ジャンル
小説/文学
発売日
2020
7月8日
言語
JA
日本語
ページ数
736
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
5.7
MB

高木俊朗の他のブック