• ¥720

発行者による作品情報

文学と医業という二足の草鞋を綱渡りのように穿いて四十余年。

総合病院を定年退職し、今は非常勤医師として働く著者が、近年の己を題材に編み上げた四篇。


「畔を歩く」:定年退職を機に、うつ病を発症してから負担の軽い健康診断担当になり、

時に肩身が狭い思いもしながらも、しかし生き延びるためには文筆を止める訳にはいかなかった日々を回想する。

おさまらぬ気持ちを、畔をしっかりと歩いて宥める。


「小屋を造る」:同年配の地元の男らと山から木を伐り出し、簡素な小屋を建て、焼酎で乾杯する。


「四股を踏む」:定年間際の診療で、超高齢の女性患者から、処女懐胎の体験談を聞く。


「小屋を燃す」:六年前に小屋を建てたのと同じメンバーで、老朽化した小屋を壊す。

といっても、二人の男は先に逝ってしまっていた。

解体跡で飲み食いを始めると、死んでいるはずの者たちが次々と現れる。


※この電子書籍は2018年3月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

ジャンル
小説/文学
発売日
2021年
4月6日
言語
JA
日本語
ページ数
224
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
656.1
KB

南木佳士の他のブック