• ¥400

発行者による作品情報

◆連載スタート◆

・綾崎隼「ぼくらに嘘がひとつだけ」

エリート棋士の父を持つ京介と、落ちこぼれ女流棋士の息子・千明。

期待を背負い、プロ棋士を目指す彼らは出生時に取り違えられていたのか?

運命と闘う勝負師達の物語


[はじまりのことば]

才能を決めるのは、遺伝子か、環境か?

将棋の世界で生きる人間の目を通して、どうしても描きたかったもの


◆ロングエッセイ◆

・高田大介「異邦人の虫眼鏡 Vol.2 自炊者の告白」

饂飩、糠漬け、豆腐に干物……。

和食を渇望したならば、自らの手で!

フランス在住15年、異国での試行錯誤の日々


◆最終回◆

・藤井太洋「オーグメンテッド・スカイ」

大会当日。世界の視聴者を前に、マモルは何を語るのか


◆インタビュー◆

作家の書き出し Vol.16 取材・構成 瀧井朝世

・彩瀬まる

「新しい星で、サバイブしているみたいな私たち。だからこそ、支え合って生きていける」


著者に訊く

・逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』


◆エッセイ◆

[Iの告白]

君嶋彼方「自尊心を筆にのせて」


◆連載小説◆

・冲方丁「マイ・リトル・ジェダイ」

ゲームで勝てば息子は助かる?

いざチーム・リン出陣!


・矢月秀作「幸福論」

小学校時代の唯一の親友が語る、異常犯罪者・萩谷信の姿


・一穂ミチ「光のとこにいてね」

海辺の町で、結珠は瀬々という女の子と出会った


・今村翔吾「海を破る者」

決戦を前にして、伯父・通時は河野家内訌の真実を明かす

ジャンル
小説/文学
発売日
2021年
12月20日
言語
JA
日本語
ページ数
278
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
24.8
MB

文藝春秋の他のブック

2014年
2022年
2014年
2016年
2015年
2017年

このシリーズの他のブック

2015年
2015年
2015年
2015年
2015年
2016年