江戸彩り見立て帖 朱に交われ‪ば‬

    • ¥780
    • ¥780

発行者による作品情報

謎の京男・右近の正体は、呉服屋を営む塚田屋の妾腹の三男坊だった。

強引な右近に押し切られ、呉服の色見立てを始めたお彩のもとには、様々な相談が舞い込んでくる。

しかし、弟を目の敵にしている塚田屋の主人は、

お彩が新たな流行り色を作れなかったら右近を江戸から追い出すと告げる。

大好評の文庫オリジナルシリーズ第二弾!

ジャンル
小説/文学
発売日
2022年
5月10日
言語
JA
日本語
ページ数
240
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
991
KB

坂井希久子の他のブック

2018年
2021年
2011年
2015年
2023年
2020年

カスタマーはこんな商品も購入

2021年
2016年

このシリーズの他のブック