• ¥880

発行者による作品情報

殺人で両親を失い、いまは渋谷で自警団「シティ・ガード」を率いる、18歳の三枝航。8年前に離婚した妻から、家庭内暴力をふるうようになった息子を引き取った、敏腕ライターの仙元。深いトラウマを抱える2人の人生が、ふとしたことで交錯し、やがて航のカリスマ性の裏にひそむものの正体が露わになるとき、後戻りできない運命の歯車が動き出す。祝康成名義で少年犯罪などノンフィクションを書いてきた著者がすべてをこめた、渾身のデビュー小説。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2005
2月10日
言語
JA
日本語
ページ数
449
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
2.5
MB

永瀬隼介の他のブック