フランス人の赤ちゃんは朝までひとりでぐっすり眠‪る‬

    • ¥1,200
    • ¥1,200

発行者による作品情報

■寝かしつけの悩みが消える!
フランス式育児&ねかしつけの秘密
「夜泣きがつらい……」
「自分一人で寝てくれたら……」
「もっとラクに寝かしつけができるようになりたい」
「もっと自分の時間がつくれたら……」

母親になると多くの人が悩まされるのが、子どもの寝かしつけの問題。
夜に何度も泣き続ける我が子に対して、
イライラしたり、徒労感を感じたりしながら、
自分自身の睡眠時間を削って対応することになります。

「今の時期はしょうがない」
「私は親だから我慢しなくちゃいけない」
「自分の時間が欲しいなんていってはいけない」

と思っているのではないでしょうか。
このように悩まれている方にオススメしたいのが「フランス式育児」です。

■耳にしたことがあるかもしれませんが、
フランス語には「夜泣き」に該当する言葉や概念がありません。
この本のタイトルにもある通り、
フランス人の赤ちゃんはひとりで朝までぐっすり眠ります。

フランス式育児と日本の育児の違いは、
親優先の育児であることです。

「日本では子どものためなら自分(親)が犠牲になってもしょうがない」

と無意識に思っている人が多くいますが、
フランス人は自分(親)の時間、ゆとり、暮らしを大切にします。
そして、子どもに対して「自立」する育児を行う傾向にあります。

そのためフランス人は、赤ちゃんに対して、
自分ひとりで長く眠るための訓練を短期間に行います。

■本書では、赤ちゃん・子どもが自分ひとりで寝床に入り、
長時間眠るためのトレーニング方法をご紹介しています。

・もっと親の時間を増やしたい
・親子ともに睡眠の質を高めたい
・夜泣きの悩みをなんとかしたい
・自分のことは何でも自分でやる自立した大人になってほしい

という方はぜひご一読ください。

■目次
序 章 フランス式育児のススメ
第1章 フランス式育児は何が違うのか?
第2章 フランス式の寝かしつけ
第3章 自分ひとりで長時間寝る子にする方法
第4章 フランス式育児Q&A
第5章 フランス式自立した子どもにする子育て

ジャンル
子育て
発売日
2022年
7月22日
言語
JA
日本語
ページ数
198
ページ
発行者
フォレスト出版
販売元
Yznet Co.,Ltd.
サイズ
5.3
MB