• ¥740

発行者による作品情報

人間は人間をいじめたがる。いじめは問題だというが、そうではない。いじめを跳ね返す力がなく、自ら命を絶つ子供が増えたことが問題なのだ。テレビは、自殺した子の葬式、追悼式の放映をただちにやめるべきである。いじめに悩み、死ぬ一歩手前の子たちが見たら「僕も死んだら、みんながああして泣いてくれる」と思うだけだ——人間通の著者が喝破する、唯一にして決定的ないじめ解決法とは? 日本中の親子に、覚悟して生きよと説く痛快教育論。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2007
1月26日
言語
JA
日本語
ページ数
129
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
691.4
KB

谷沢永一の他のブック