• ¥610

発行者による作品情報

海沿いの王国・ガーダルシア。 トトと呼ばれるその少女は、確かな魔力を持つ魔術師の血筋・サルバドールに生まれた。 しかし、生まれつき魔術の才には恵まれなかった。 ある日トトは、神殿の書庫の奥に迷い込んだ。 扉の奥から呼ばれているような、そんな気がしたから。 果たしてそこには、数百年前に封印されたという<人喰い>の魔物が眠っていた。 トトは魔物の誘いにのった。 魔物はその封印から解き放たれ、トトは耳を失った。 そして、強い強い魔力を手に入れた――。 これは、孤独な<人喰い>の魔物と、彼のママになろうとした少女の儚くも愛しい歪んだ愛の物語。

ジャンル
小説/文学
発売日
2008
2月10日
言語
JA
日本語
ページ数
188
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
8.7
MB

カスタマーレビュー

錆木ちから

世界観が素敵

紅玉さんの作品は世界観が好きです。登場してくる人物がまっすぐで、それに伴ってストーリーもまっすぐこころにくるような美しさがあります。
初めて読んだのは数年前の学生の頃でした。
しぜんと涙が出たのを覚えています。

紅玉いづき & カラスの他のブック