• ¥1,400

発行者による作品情報

健康診断などで「血圧が高い」「血糖値が高い」「LDLコレステロール値や中性脂肪値が高い」と

いわれて心配している方は多いでしょう。「高血圧」「糖尿病」「脂質異常症」と診断されても、

自覚症状はほとんどなく、そのためにきちんと治療をしていない人が少なくありません。

しかし、こうした病気を放置すると、ある日突然脳卒中や心筋梗塞を引き起こすことがあります。

近年注目されている慢性腎臓病にも、血管の老化が原因で腎機能が低下するものが増えています。



本書では、関連番組に出演された6人の専門医にご協力をいただき、血管の老化に関わる

生活習慣病の予防や改善について、知りたいこと、気になることをQ&A形式で紹介しています。

万一のときにも適切な対処ができるよう、備えとして知っておきたいことも解説しています。

疑問や不安を解消し、血管を若々しく保って「健康長寿」を目指すために役立てていただければ幸いです。





【おもな内容】

◎第1章「高血圧」の疑問・悩みを解決!

監修:東北大学大学院教授 伊藤貞嘉

・血圧はどのくらいまで下げればよい?

・減塩調味料を使っていれば大丈夫?

・薬をのみ忘れたらどうする? etc.



◎第2章「脂質異常症」の疑問・悩みを解決!

監修:りんくう総合医療センター病院長 山下静也

・コレステロールを摂取しなければ大丈夫?

・太っていないのに中性脂肪値が高い

・運動をしても効果が現れない etc.



◎第3章「糖尿病」の疑問・悩みを解決!

監修:国立国際医療研究センター研究所 糖尿病研究センター長 植木浩二郎

・診断されたらもう治らない?

・糖質制限食は血糖値を下げるのに有効?

・新しい糖尿病薬の特徴は? etc.



◎第4章「脳卒中」の疑問・悩みを解決!

監修:湘南慶育病院院長 鈴木則宏

・脳卒中は遺伝する?

・倒れる前に気づくことはできる?

・リハビリでどこまで機能回復できる? etc.



◎第5章「狭心症・心筋梗塞」の疑問・悩みを解決!

監修:帝京大学教授 上妻謙

・どんな胸痛なら危険?

・問診で伝えるべきことは?

・生死を分ける差とは? etc.



◎第6章「慢性腎臓病」の疑問・悩みを解決!

監修:川崎医科大学教授 柏原直樹

・年をとるとなりやすいって本当?

・薬の種類が増えてのむのが大変

・水分は控えなければばらない? etc.

ジャンル
職業/技術
発売日
2018
9月28日
言語
JA
日本語
ページ数
242
ページ
発行者
主婦と生活社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
161.5
MB

「きょうの健康」番組制作班 & 主婦と生活社ライフ・プラス編集の他のブック