• ¥470

発行者による作品情報

誰かを好きになるのが心底怖くなる・・・いずれ奪われるその絶望感に身体が震えるよ・・・!成海と丸尾を追って訪れた神戸で、偶然にも成海の兄・比呂とすれ違った水帆。思わず声をかけるが「僕は二度と皓に振り回されたくない」と拒絶されてしまう。けれど水帆の熱意に負けた比呂は、ついに真実を語り始める。そこには、水帆の想像をはるかに超える悲しい「物語」が・・・!?「砂時計」の芦原妃名子が渾身の力を込めて描く、今、最高にスリリングで目が離せない、少女まんがの枠を大きく超えた、絶対オススメの話題作です!!

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2012
6月26日
言語
JA
日本語
ページ数
192
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
42.3
MB

芦原妃名子の他のブック

このシリーズの他のブック