• ¥1,700

発行者による作品情報

インターネットの初期に描かれた分散・自律・自由の夢はGAFAなどのプラットフォームへの情報集中によってなくなったかのように思えます。

中心的な管理をともなわないブロックチェーンの技術は、こうした一極集中を破壊し、新たな可能性を築くものです。

一連の仮想通貨市場の混乱と停滞によって期待が落ち着いたかにみえるブロックチェーンですが、その可能性は消えるどころか、世界的な産業の取り組みや、実証実験の進展によってますます高まっています。

この本は、これまでテクノロジーとして語られたブロックチェーンをビジネスの手段として捉え、既存産業にどのようなインパクトを与えるのか、どのようなビジネスモデルを描けるのか、人・組織・社会の将来イメージをどのように描けるのかをベンチャー創業者の経験と実践、ビジョンを踏まえた視点で書き下ろしたものです。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2019年
7月12日
言語
JA
日本語
ページ数
248
ページ
発行者
翔泳社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
6.9
MB

カスタマーレビュー

Tdjkvvdfj

なんとなくのイメージが分かった

ブロックチェーンのイメージは何となく分かるため、とっかかりには良い本だと思う。本当に理解するには、もっと深く勉強する必要がある。
ブロックチェーンのメリットだけでなく、デメリット、リスクにも言及されているため、ブロックチェーンを誤解しないように配慮されているのが良いと思った。

坪井大輔の他のブック