• ¥1,700

発行者による作品情報

Player10月号はSTARDUST REVUE & 佐橋佳幸表紙による総力特集! 40周年突入して絶好調スタ☆レビの傑作『年中模索』をテーマに根本要×佐橋佳幸対談、柿沼清史、寺田正美、林VOH紀勝、添田啓二、岡崎昌幸らメンバー全員驚異の10万字超えインタビュー。さらにレコスタ潜入してのギアレポートやレコーディングレポート、美しいフォトカードなど約60ページにわたる社運をかけた総力特集。40年のキャリアのバンドがなぜス今黄金期を迎えつつあるのか? それが明らかになる。老若男女問わず全ての音楽ファンに『年中模索』完成の歓びを共有したい。

さらに先月に続く加山雄三 GUITAR COLLECTION 60 + α[Part.2]。センターに掲載される「ヴィンテージ・ファイル」では、加山が1965年にベンチャーズのノーキー・エドワーズから譲り受けた、あの伝説の1964年製モズライト・ベンチャーズ・モデルを特大サイズで紹介している。やはり先月から続くERNIE BALL MUSIC MAN StingRay特集後編は、村田隆行、星野李奈、KEN(SA)、Shaikh Sofian(odol) という4人のプロ・ベーシストがスティングレイの現行モデルを試奏。スペックだけからは見えてこないスティングレイというベースの持つポテンシャルや魅力が浮き彫りになっている。「知られざる電源ケーブルの世界 SUNSHINE SAC REFERENCE1.8」ではアンプサウンドが格段と良く鳴るサンシャインケーブルを紹介。VINTAGE GUITAR ARCHIVESではギブソンから誕生したもうひとつの“ヴァイオリン・ベース”、EB-1を豊富な部分画像で詳細に解説。

インタビューではNothing's Curved In Stone、I BUILT THE SKY、Mary's Blood、山本恭司、KANSAS、FUTURE FOUNDATION、OKAMOTO'S、サイダーガール、モノミユ、そして話題の映画『メイキング・オブ・モータウン』をGliderの栗田祐輔と栗田将治が語った!

豊富な撮り下ろし写真と圧倒的なテキスト数により楽器誌の王道を行くPlayerを今月も永久保存版です。

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
2020年
9月2日
言語
JA
日本語
ページ数
179
ページ
発行者
プレイヤー・コーポレーション
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
169.9
MB

プレイヤー編集部の他のブック

2020年
2020年
2021年
2021年
2021年
2021年