• ¥950

発行者による作品情報

ロシアの文豪・ドストエフスキーの代表作『罪と罰』の中巻が登場です。

『罪と罰〈上〉』はこちらから。

事件の衝撃から立直れないラスコーリニコフは、心配してくれる家族や友人にも、警戒と不信を抱き続ける。
妹の契約をめぐって悶着を起こし、殺人事件の捜査官と薄氷の渡り合いを繰広げる一方で、
心の清らかなソーニャとの交流が次第に深まってゆく。

中巻では、主人公・ラスコーリニコフの苦悩や心理戦に引き込まれることでしょう。
ドストエフスキーの世界をじっくりとお楽しみください。


※最終巻の『罪と罰〈下〉』は12月配信予定です。

ジャンル
名作
ナレーター
茶川亜郎
ページ数
10:51
時間
発売日
2017
10月30日
発行者
岩波書店
言語
JA
日本語
サイズ
594.5
MB

リスナーはこちらも購入しています