• ¥1,500

発行者による作品情報

【韓国でベストセラー累計25万部!】
・韓国大手書店 KYOBO文庫「2019年上期ベスト10」
・韓国のネット書店YES24「2018年最高の本」
「人生に悩み、疲れたときに立ち止まる勇気と自分らしく生きるための後押しをもらえた」
――有安杏果推薦!
東方神起のメンバーの愛読書としても話題となった、
心がラクになる、ベストセラー人生エッセイがついに邦訳!
「著者のメッセージは誇張がなく、それだけでささやかな癒やしになる。辛さから逃れたいと思った時に、いつも読みたい本になるんじゃないかな」
「執着から抜け出し、温かい心で自分と家族を見つめることができ、立ち直る力をもらえた。相変わらず前途は多難だが、力を抜いて自然に、余裕を持って新たな道に進めそうだ」
(韓国の「Kyobobook.co.kr」のレビューより)
私たちは、何のために、一生懸命頑張っているのか?
走り続けてきた人生から一度立ち止まらせてくれ、
「自分は、これからどう生きるか」
「本当に大切なことは何か?」
と、改めて自分の生き方について考えさせてくれる一冊です。
――――以下、本文より一部抜粋―――――
●努力してもどうにもならないこともあり、努力した分の見返りがないときも、努力した以上の大きな成果を収めることもある。この現実を認めれば、苦しみから少しは解放されるだろう。
●本当に恥ずべきことは、この年で何も持ち合わせていないことではなく、自分なりのポリシーや方向性を持たずに生きてきたという事実かもしれない。これまで欲しがってきたものは全部、他人が提示したものだった。みんなによく見られようとしていた。それが恥ずかしい。
●あまりにもつらく、耐えがたいなら諦めろ。諦めたって問題ない。道は絶対、一つじゃないから
●一人の時間を望むのは、それだけ人間関係に疲れている証拠だ。だから、一人の時間は必要だ。一人の時間は治癒の時間なのだ。
●失敗してもいい。失敗したときは後悔すればいいだけだ。きっと、他人の言葉を信じて群れを成した人々も、後悔するのは同じだから。違うかな?
●試しもしないまま諦めると、諦めたことは心の片隅にずっと残り続けるから。僕らには挑戦する権利がある。もしそれが叶わない恋だとしても。両思いになれなくても、その恋には十分意味があるから
●もしかして人生とは、自分の願いや選択が叶うほうが少ないのかもしれない。だけどそうだとしても、決して間違えているわけではない。僕らの人生は至極真っ当だ。何事も思い通りに行かない今が正常だ。苦しむ理由など何もない

ジャンル
健康/心と体
発売日
2020年
1月15日
言語
JA
日本語
ページ数
288
ページ
発行者
ダイヤモンド社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
16.3
MB

カスタマーレビュー

評価いいかんじ

一気読みしました

おもしろくて一気に読んでしまいました!
今の自分に内容がぴったりで読んでいて勉強になったし、励まされました!
また落ち込んだ時に読もうと思います!

ユッケじゃんこりん

読んで楽になりました。

落ち込んでいる時、仕事やライフスタイルに悩んでいる時に読みました。
楽しく生きる。期待しすぎない。ダメな自分も大好き。競争に勝とうなんて思わず、負けても楽しく過ごしたことが何より大事で、楽しかったらそれはもはや勝ちなんです。
(道徳的にまずいことだけは避けなきゃいけないけど。この辺には言及してないけど、ある程度のルールを守ることと倫理観は大切だと思う。)

あまり期待しすぎず、とりあえず一生懸命生きるをやめてみます。

ハ・ワン & 岡崎暢子の他のブック