• ¥850

発行者による作品情報

「論語」に代表される儒家の教えが、政治権力者に認められた表向きの正統思想であるとすると、「老荘」は裏街道を行く思想です。古くから中国の知識人たちは、政治舞台で活躍するために儒家思想を後ろ盾としてきました。ところが、自らの人生への慰安を考える際、彼らは「老子」や「荘子」の思想に寄り添うことで癒しを得、自らの精神生活を豊かなものにしようとしたのです。「足るを知り、これで十分だ、ありがたい人生だ」と満足することの大切さ。「老荘」の教えは、今も多くの人たちの心に響きます。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2012
1月5日
言語
JA
日本語
ページ数
248
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
1.8
MB

金谷治の他のブック