発行者による作品情報

ある日、二人はスタルンベルヒ湖で小舟にのる。すると、かつてマリイの母を愛し狂気に陥った王が、マリイに母の幻を見いだし湖に入ってくる。驚き、気を失い、湖水へおちていくマリイ。王もその後を追う。ドイツ留学時の体験を元に書かれたと言われる神秘的でロマンチシズム溢れる一編である。

ジャンル
小説/文学
発売日
1890
7月31日
言語
JA
日本語
ページ数
33
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
36
KB

森鴎外の他のブック