このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考‪法‬

    • 4.2 • 362件の評価
    • ¥1,400
    • ¥1,400

発行者による作品情報

転職のあらゆる不安と焦りに「答え」を出す!・「年収は下がるけど、魅力的な会社」への転職はありか・伸びる仕事、なくなる仕事の見極め方・「中途で入るべき会社」と「新卒で入るべき会社」はどう違うかなどをストーリー形式で一挙に解決! 一生稼げて、心から納得のいく仕事を見つける方法。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2018年
6月20日
言語
JA
日本語
ページ数
256
ページ
発行者
ダイヤモンド社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
11.4
MB

カスタマーレビュー

しーーーーーーー坊

転職サイトに登録する前に読みたい1冊

今更ながら読了。
本書の本質とはずれるが、無責任に転職を進める
現状の人材紹介業の在り方に感じていた疑問の正体を明かしてくれたように思う。

誰しもが転職という選択肢を持てば、結果として自身のキャリアだけでなく現状の仕事や社会も健康的になる。

タイトルにもあるとおり、少しでも転職を考えている知人がいたらぜひ勧めたい1冊。

yamanobek

転職したい人も、したくない人も。

to 転職を考えている方 / 転職を考えてないが、人生を一度見つめ直したい方
現在、”働きがいを高める”というキーワードのもと、改善プランを考える社内ワークに参画。そこで手にとった本のひとつ。小説のような読み口で、ライトに読めてポイントが明瞭。転職を考えているわけではないが、広い視野で自分をの市場価値を俯瞰し、後半のビジネスマン人生で、どう社会へ貢献していくべきかは考えさせられる。日本社会全体として、転職を健全な社会の装置と考え、もっと流動性が高まり、全体のスキル底上げになればいいと思った。
2022/7/5読了 7/13感想

ちょこまお

読んでよかったです。

私のような何も考えずに楽に生きたいと願うアホな人間にぴったりの本でした。理解を深めるために読み直して、著者からのメッセージをちゃんと受け取りたい。そして生き残りたい。この腐った世の中だけど。

北野唯我の他のブック

2019年
2021年
2019年
2019年

カスタマーはこんな商品も購入

2018年
2019年
2010年
2019年
2020年
2018年