そして、風が吹いた ロータリー47士の闘い夢のエンジン誕生からルマン制覇ま‪で‬

    • 4.2 • 26件の評価
    • ¥150
    • ¥150

発行者による作品情報

ロータリーエンジン。

従来のピストン式のものと違い、小型で高出力、しかも静かなエンジンである。200年前から研究が進められ、夢のエンジンといわれてきた。このエンジンの開発に世界で初めて成功したのは、広島のマツダである。マツダは原爆の被害を奇跡的に免れた、三輪自動車メーカーだった。

開発の中心となったのが、設計部次長の山本健一だった。山本は広島生まれ。妹を原爆で失った。その悲しみを乗り越え、広島の復興に尽くそうと、ロータリーエンジンの開発に全てをかけた。その山本の下で、47人の部下が困難な開発に携わった。「ロータリー47士」と名付けられた彼らは、いずれも山本と同じ思いを抱いた若者たちだった。

彼らは、摩擦によってできる「悪魔の傷跡」を始め、克服が不可能とされた技術的課題を、意地と執念で次々と解決していった。

原爆で家族を失った男たちが、故郷の復興を願い成し遂げた、ロータリーエンジン開発のドラマを描く。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2012年
12月7日
言語
JA
日本語
ページ数
44
ページ
発行者
NHK出版
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
331.5
KB

NHK「プロジェクトX」制作班の他のブック

2012年
2012年
2012年
2012年
2012年
2012年

カスタマーはこんな商品も購入

2012年
2014年
1929年

このシリーズの他のブック

2012年
2012年
2012年
2012年
2012年
2012年