• ¥500

発行者による作品情報

クリスマス。


イエス・キリストの誕生をお祝いするクリスマス。

聖書を読んだり、クリスチャンの友だちから聞く話は、信じられないくらいの不思議な出来事が、満載です。


著者の奥田昭牧師は、「序文」で次のように語っておられます。


「メリー クリスマス

日ごろは、キリスト教に縁遠い日本も、十二月になればいたるところでメリークリスマス、クリスマスおめでとうと叫ばれています。しかし、あまり喜んでばかりおられません。なぜなら、このクリスマスがどの様な日かわからず、メリークリスマスと言っている人もいるからです。

ある子どもは、サンタクロースが来る日と思っていると、先日テレビで放送していました。


クリスマスは、もともと英語の「キリスト(Christ:クライスト)のミサ(mass:マス)」からきています。キリストとはイエス・キリストのこと、ミサとは祭儀、礼拝することを意味しています。ですから、クリスマスとはイエス・キリストを礼拝することが主な目的なのです。


しかし、クリスマスといいながら、日本のクリスマスには肝心のイエスがいないことが多いのです。クリスマスには、イエスがいなけれればなりません。そしてイエスのことは聖書による、聖書ではどのようにイエスの誕生を伝えているのでしょうか。またそこから何を学ばねばならないのでしょうか。


イエス・キリスト誕生のトゥルース、真実は何でしょうか。」





目 次 (参考:「POD版」のページ)

序文 3

はじめに   5

1、聖書って何? 5

2、クリスマスの中心はイエス・キリスト 12

本文   25

1、イエスの誕生はローマ皇帝を動かした? 25

2、ヨセフとマリヤはできちゃった婚? 35

3、マリヤは生涯処女だった?   46

4、イエスは十二月二五日に生まれた?     58

5、イエスは馬小屋で生まれた?   71

6、東方の博士たちは3人で来た?   78

終わりに   93

著者略歴 100

電子書籍版:制作・出版   102



ーーーーー


みなさま、ぜひ、この本を「電子書籍」で、また、『POD版」で お手にとってお読みください。

いろいろ不思議に感じていた、救い主 イエス・キリストの誕生にまつわる「真実:トゥルース」とその意味を発見し、クリスマスをお祝いする喜びに満たされることでしょう。



編集者より


ーーーーーーー


<著者>

奥田 昭 (おくだ あきら)



一九四三年、大阪市出身。牧師。

日本福音主義神学会会員(西部部会)演歌ゴスペル歌手

関西大学法学部 卒業後、社会人教育に携わる。

二〇〇一年日本の「有名講師700人」(日本実業出版社)の一人に選ばれる。 資格教育の第一人者として講演、図書多数出版



四十五歳の時に受洗、 二〇〇九年、六十四歳で 関西聖書学院( KBI)修了

二〇〇九年より 愛知県にある瀬戸サレム教会に5年、二〇一三年より 犬山キリスト純福音教会に5年 それぞれ仕え、二〇一八年三月、主の示しにより退職。

郷里大阪に帰り「 ハレルヤ サンライズ チャペル」 で開拓伝動を開始、現在に至る。

また演歌で福音を伝えるため「演歌ゴスペル会」を主宰し、ゴスペル集会や教会、介護施設などで唄い語る。

<http://ichi-mai.jp/enkagospel/>



二〇〇二年、インターネット「e- 聖書」を配信。

二〇一二年よりHPで「ハレルヤ サンライズチャペル」を開設。

 毎週礼拝メッセージなどを配信。  

<http://e-bible-net-church.com/>

ジャンル
宗教/スピリチュアル
発売日
2020年
5月1日
言語
JA
日本語
ページ数
61
ページ
発行者
Piyo ePub Books
販売元
Piyo Bible Ministries
サイズ
530.8
KB

奥田 昭, 井草晋一, Piyo Bible Ministries & Piyo ePub Communicationsの他のブック

2019年
2021年
2019年
2017年