• ¥580

発行者による作品情報

「理性」に振り回される現代世界を憂い、社会「常識」の怪しさを指摘し、虫捕りの時間がないことをぼやく。養老孟司の時評シリーズもついに完結篇。ホリエモン・村上ファンド騒動、子どもの自殺、団塊世代の定年……。さらに、幸せについて、文明についても考察。さあ、結論が見えてきた。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2011
6月25日
言語
JA
日本語
ページ数
221
ページ
発行者
中央公論新社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
483
KB

養老孟司の他のブック

このシリーズの他のブック