• ¥660

発行者による作品情報

あの大ベストセラーがついに電子化! 「話せばわかる」なんて大ウソ! イタズラ小僧と父親、イスラム原理主義者と米国、若者と老人。互いに話が通じないのは、そこに「バカの壁」が立ちはだかっているからである。その「バカの壁」とは何か……? いつの間にか私たちを囲む様々な「壁」。それを知ることで世の中が見えてくる!

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2003
4月10日
言語
JA
日本語
ページ数
204
ページ
発行者
新潮社
販売元
Shinchosha Publishing Co., Ltd.
サイズ
814.8
KB

カスタマーレビュー

we are REDS

よくわかんなかった

先日アウトデラクッスに養老先生が出ていて面白かったので読んでみました。
う〜んよくわかんなかった。
人の気持ちを考えられるようになりましょう。色々な視点から物事を考えられるようになりましょう。ってなことが書いてあると感じましたが合っていますかね。
もうチョイ年取って読んだらわかるのか、それとも何回か読み返したらわかるようになるのか...
もう一回読む忍耐力が私には無いかもしれません。

医学生ax

これが何故売れたのか

非常に盲目的で独善的

pengin2

頭を使う本

理解したいと思える意見として何回か読みたいと思いました。

養老孟司の他のブック

このシリーズの他のブック