わたしの忘れ物 わたしの忘れ物

わたしの忘れ‪物‬

    • ¥850
    • ¥850

発行者による作品情報

H大に通う中辻恵麻が、学生部の女性職員から無理矢理に紹介された、大型複合商業施設の忘れ物センター──届けられる忘れ物を整理し、引き取りに来る人に対応する──でのアルバイト。引っ込み思案で目立たない、透明なセロファンのような存在の私に、この仕事を紹介したのはどうして? キーホルダーや手袋など、なぜこんな他愛のない物を引き取りに来るの? 忘れ物の品々とその持ち主との出会い、センターのスタッフとの交流の中で、強張っていた心がゆっくりとほどけていく恵麻だが──。六つの忘れ物を巡って描かれる、心に染みる連作集。/【目次】妻の忘れ物/兄の忘れ物/家族の忘れ物/友の忘れ物/彼女の忘れ物/私の忘れ物/エピローグ/解説=若林踏

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2021年
4月9日
言語
JA
日本語
ページ数
257
ページ
発行者
東京創元社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
4.3
MB

乾ルカの他のブック

乾ルカからの招待 ここだけの『ミツハの一族』 乾ルカからの招待 ここだけの『ミツハの一族』
2015年
てふてふ荘へようこそ てふてふ荘へようこそ
2012年
あの日にかえりたい あの日にかえりたい
2013年
六月の輝き 六月の輝き
2014年
妖し 妖し
2019年
メグル メグル
2013年

カスタマーはこんな商品も購入

いのちの停車場 いのちの停車場
2021年
三千円の使いかた 三千円の使いかた
2021年