発行者による作品情報

明治時代の日本の作家・推理作家・文芸評論家は、平林 初之輔(ひらばやし はつのすけ、1892年11月8日 - 1931年6月15日。プロレタリア文学運動の理論家として知られる。京都府出身。早稲田(わせだ)大学英文科卒業。1922年(大正11)雑誌『種蒔(ま)く人』に参加し、マルクス主義にたつ気鋭の文芸評論家、文学理論家として活躍。唯物史観による文学理論の支柱として高く評価された。この作品は底本の「アパートの殺人」では「文芸・小説」としてまとめられている。本書は、この事件はだいたい以上のように落着して、植田欣子は過失致死罪として起訴されたが、山上が、あんなに容易に死んだことについては、医学者間に、ナルコポンの注射と何か関係がありはしないかと注目されている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1934年
7月2日
言語
JA
日本語
ページ数
34
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
35.7
KB

平林初之輔の他のブック